すぐお金がほしいとき!今すぐお金を手にしたいなら!

MENU

すぐお金がほしいとき!今すぐお金を手に入れる方法!

 

アイフル

 

 

 

 

今すぐお金がほしいとき、お金を手に入れる方法にはどんなものがあるのでしょうか?

 

予想外の出費や冠婚葬祭が重なってしまったなどで現金が足りなくなりすぐお金がほしいとなる事は誰にでも起こり得ること。

 

貯金を崩して凌げれば良いですが中々そうもいきませんよね?

 

そこで今回はすぐお金がほしいとき今すぐ現金を手に入れる方法を解説していきたいと思います。

 

 

すぐお金がほしい時はカードローンがおすすめ!

 

すぐお金がほしいとき一番確実な方法は借りることです。

 

不要品を売ったりオークションに出品するなどものを売ることで現金を作ったり、日雇いでお金を稼ぐという方法もありますが、手にする金額が少なかったり時間がかかりますのですぐお金がほしい場合には正直向いていません。

 

誰から借りればよいのかが悩みどころかと思いますが、すぐお金がほしい時は金融機関が良いでしょう。

 

親や友人から借りる手もありますが、トラブルになりやすいというリスクを考えるとすぐお金がほしい場合でもあまりお勧めできません。

 

また金額が大きくなると貸す側も負担が大きくなりますので、すぐお金がほしいといっても、そもそも借りること自体が難しいです。

 

 

カードローンなら担保も保証人も必要ありませんので誰にも迷惑をかけずに、すぐお金がほしい金額を手にすることが出来る可能性が高いです。

 

もちろん借りたからにはキチンと返済をしなければいけませんから、
実際に借りたと仮定し毎月の返済額はいくらになるのか収入に見合った借入になるのか等、すぐお金がほしい時にもきちんとシュミレーションすることが大切です。

カードローンでの借入は基本的に毎月定額返済となりますので返済計画が立てやすい上に少額ですから、すぐお金がほしい金額にもよりますが、無理なく支払いができます。

 

もちろん返済期間をあまり長く設定してしまうと利息額は多くなりますので、その点はすぐお金がほしい金額と返済のバランスを考えて支払っていく必要はあります。

 

繰り上げ返済も可能ですので、余裕がある時に増額して返済も可能ですから自分の都合に合わせた返済方法を取ることができます。

 

 

すぐお金がほしい時に、カードローンで即日融資をうけるためには、まず業者選びが重要になってきます。

 

「え?カードローンならどれも同じじゃないの?」と、思う方もいるかもしれませんがカードローンならどれでもすぐお金がほしいに即日で融資をうけれるわけではありません。

 

カードローンを取扱う業者によっては対応スピードが違いますので、すぐお金がほしい状況で業者選びをいい加減に行ってしまうとその日に現金を手にすることが出来ないかもしれないのです。

 

申し込みから融資実行まで最短1時間と言う脅威の速さを実現しているところもあれば、審査結果が出るだけでも1週間以上かかるところもあります。
すぐお金がほしい時には早い方がいいですね。

 

即日融資対応かどうかは各社のホームページにて確認することが出来ますので必ず一度チェックしてみてみましょう。

 

大手消費者金融なら基本的にどこも即日融資に対応していますので今すぐお金がほしいなら大手に絞って申し込みするのが良いでしょう。

 

すぐお金がほしい時に、大手消費者金融での即日融資の方法は2つあります。

 

1つは口座への振り込みによる融資です。

 

カードローンは名前の通りカードを使って借り入れを行うわけですが、基本的に郵送もしくは自動契約機にて受け取りとなります。

 

自動契約機ならすぐお金がほしいその日に発行可能ですが、近くに無い方や外出している時間もないという方には向いていません。

 

口座振り込みならすぐお金がほしい場合に、自分の指定する銀行口座へ入金してくれますのでカードを受け取る前に融資をうけることが出来とっても便利です。

 

インターネット上で契約を済ませることが出来ますので外出せずにすぐお金がほしい時にも融資をうけることが出来ます。

 

但し口座振り込みにもデメリットが有り、それが利用できる時間が限られるということです。

 

口座振り込みは銀行の営業時間内でしか取引が反映されません。

 

すぐお金がほしい日に契約手続きが完了しても振込手続きが銀行の営業時間外に行なわれた場合は翌営業日以降に口座に反映となります。

 

即日融資を受けるにも条件があり、口座振り込みを希望する場合は平日の14時までに契約を完了させる必要があります。

 

14時までに契約が完了すればすぐお金がほしいその日のうちに口座へ入金され融資をうけることが可能となります。

 

口座振り込みは平日しか利用できませんので、すぐお金がほしい人で、日中は仕事で手続きできないという方には中々厳しい方法です。

 

そのような場合は自動契約機を使って手続きすると良いです。

自動契約機ではカードローンの契約手続きを行なうことが出来、契約が完了するとすぐお金がほしいのであれば、その場で借入用のカードが発行されます。

 

受け取ったカードは勿論その日から使用することが出来ますので、コンビニのATMなどで現金の引き出しが可能です。

 

すぐお金がほしい状態になった時には、インターネットから申し込みをして自動契約機で必要な手続きを済ませればOKです。

 

 

銀行カードローンはすぐお金がほしいときは不便?

 

カードローンは消費者金融だけでなく銀行でも取り扱っているのは既にご存じの方も多いかと思います。

普段自分が利用している銀行でも恐らくカードローンの取り扱いはしていることでしょう。

 

銀行カードローンが消費者金融よりも優れている点は金利の低さと融資の大きさです。すぐお金がほしい金額によってきますね。

 

実際に銀行と消費者金融それぞれのカードローンを比較していただければ分かりますが、消費者金融の金利は年18%に対し銀行は年14%と非常に安いです。

 

金利は「4.5%〜18%」と言ったように表示しているカードローンが殆どです。すぐお金がほしい時でも気をつけるべき点です。

 

殆どの方は上記で言えば年4.5%の方だけを見てしまいがちですが、本来見るべきは上限金利だりこの場合は年18%の方を見なければいけません。

 

消費者金融でも下限金利で借り入れできれば確かに金利は安いです。

 

しかしすぐお金がほしいでもどんなときでも、下限金利が適用されることは先ずありません。

 

なぜなら金利が安くなればそれだけ業者の利益は少なくなりますので、低い金利でも儲けを出すためには貸付額を増やさなければいけません。

 

つまりすぐお金がほしい場合などに、消費者金融で安い金利で借りるにはかなり高額な借入をしなければいけないということになります。

 

しかしカードローンは無担保・無保証人ですからすぐお金がほしい人でなくても、下手に高額な貸付をしてしまい返済してもらえなければ大損です。

 

ですからすぐお金がほしい人で、信用用のない初回のうちは少額の借入からスタートし、少額の貸付でも利益を得れるように金利は高く設定されるわけです。

 

同じ借入限度額でも、何故銀行のほうが金利が安いのか、それは消費者金融は銀行から利息付きで現金を借りているからです。

 

銀行に利息付きで返さなければいけませんのでどうしても銀行よりも高い金利で貸付けしないと十分な利益をえることが出来ないのです。

 

だからこそ銀行は消費者金融よりも安い金利で貸し付けることが出来るのです。すぐお金がほしい時のために知っておいて損のない知識ですね。

 

同じカードローンならすぐお金がほしい場合、金利の安い銀行が良いと誰もが思うところでしょう。

 

しかし銀行カードローンにもデメリットが有ります。

 

それは消費者金融に比べ対応が遅いことです。

 

消費者金融は申し込みから融資までの対応が非常に早いです。今すぐお金がほしいと思っている人には嬉しいですね。

 

特に大手は1時間もあれば融資までこぎつけることも可能なほど非常に早いです。

 

しかし銀行カードローンの場合、申し込みから融資実行まで遅いところですと1週間以上かかるところもあるほど対応は遅いです。今日すぐお金がほしい人にとっては遅すぎますね。

 

 

最近は銀行カードローンでも即日融資に対応しているところが増えてきていますので、銀行でもすぐお金がほしい場合、即日で融資をうけることが出来るようになってきています。

 

すぐお金がほしいときにはかなり嬉しいことですが、銀行の即日融資の条件は消費者金融よりも厳しいことが多いです。
すぐお金がほしいにとって条件は気になりますね。

 

まず消費者金融のように自動契約機を設置していませんのですぐお金がほしい場合の融資方法は口座振り込みのみとなります。

 

既に説明した通り口座振り込みは平日の15時までしか利用できず当然土日は反映されません。

 

土日にすぐお金がほしいとなった時でも銀行カードローンですと即日でかりることが出来ません。

 

そして振込する口座は指定の銀行でないとNGなケースが非常に多いです。

 

銀行カードローンの場合、その銀行の口座以外では即日すぐお金がほしいと思っても、不可としているところが非常に多いです。

 

銀行カードローンでも即日融資は可能ですが、条件が厳しいため、すぐお金がほしいその日に借りれる可能性はかなり低いということだけは頭に入れておいてください。

 

 

すぐお金がほしいからといってギャンブルはNG!

今すぐお金がほしいからといってギャンブルで増やそうとするのは非常に危険ですから絶対にやらないことです。

 

ギャンブルで勝つのは簡単なことではありませんし、すぐお金がほしい人にとっては逆にリスクが大きいということを頭に入れておきましょう。

 

代表的なギャンブルといえばパチンコが挙げられますが、パチンコというのは勝てないというより勝てるように作られていないのが現実です。

 

では何故パチンコは勝てるように作られていないのでしょうか?

 

パチンコ屋を営業していくには、人件費、マシンの購入費、空調設備や照明、電気代などなど莫大な維持費がかかります。

 

店内に一度でも立ち寄ったことがある方なら御存知の通り、パチンコ屋は外装も内装も物凄く派手だったりゴージャスですよね?

 

如何にも費用がかかっていそうな仕様ですが、お店を営業していくには当然ながら維持費を上回る利益を出さなければいけません。

 

ではこの利益というのは一体何処で捻出されるのでしょうか?

 

薄々感づいている方も多いでしょうがお客の負け分から捻出しなければいけません。すぐお金がほしい人ほど負けているかもしれません。

 

要するに店側が勝って客側が負ける事で成り立つ商売だということです。

 

すぐお金がほしい時にたまには勝つ日もあるでしょうがトータルで見れば大惨敗なのが現実です。

 

パチンコは勝てる確率が非常に低くリスクが大きい上に時間も無駄にしてしまいます。

 

であれば、その労力をすぐお金がほしいと思った時に、他のことに活かしたほうがよほど健全的で生産性があると思いませんか?

 

日雇いのアルバイトをすれば働いた分はきちんと対価として返ってきますので確実に現金を手にすることが出来ますよね。

 

もちろん今すぐお金がほしいときとなると日雇いのバイトは現実的ではありませんが、時間があるときには有効な手段と言えるでしょう。

 

とにかく今すぐお金がほしいのであれば、パチンコや競馬などギャンブルでお金を増やそうとするのではなくカードローンで借りる方がリスクが少ないです。

 


アイフル